営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

【YouTube】10年連続第1位!ソニー銀行住宅ローンの魅力とは?

0

2020年オリコン顧客満足度(R)調査[住宅ローン]にてソニー銀行が10年連続で総合1位の魅力に迫りました。 住宅ローンを選ぶ際に参考になれば幸です。 是非参考にしていただければと思います.

【ファイナンシャルプラン相談サービス】
https://www.meiwajisho.co.jp/fplp/

①お気軽なご質問やご意見はコメント欄へ!
②具体的にじっくりご相談されたい方は専用のお問い合わせフォームへ! https://www.meiwajisho.co.jp/contacts/general
※このお話以外の不動産のご相談でもお気軽にご質問ください。「今、住宅を購入しようと思っているけど、気をつける事って何ですか?」などでも構いません!

以下動画内容書き起こし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー今日は住まいのアドバイザーの須山です
本日も数ある動画の中から
私たちの動画を見ていただきまして
ありがとうございます
今日の動画がいいねと思ったら
グッドボタンとチャンネル登録を是非
よろしくお願いします

本日の動画は
住宅ローンの商品のご紹介になります
ソニー銀行の住宅ローン
なんですがご存知でしょうか?
株主はソニーフィナンシャルホールディングスと
なってまして
2001年に設立された約20年の会社になります
ネット銀行の部類に当たるんですが
結構魅力的な商品となってますので
ご紹介させて頂きます
オリコン顧客満足度調査住宅ローンでは
10年連続で第1位となってます
私は不動産仲介の仕事を14年やってきまして
私の主観の目線もあるんですが
数多くの
住宅ローンの商品を見てきた目線で
特徴や魅力を解説させていただけばと思います
これから住宅ローンを検討する方だったり
または既に住宅ローンを組みの方も
借り換えの検討に
お役立てしていただければ幸いです

まず最初に
特徴のご説明をさせていただきます
一つ目が繰上返済手数料が無料です
変動金利から固定金利への
金利変更手数料も無料ということが
あげられます
次に振込手数料やatmの手数料も無料です
ソニー銀行では
クラブSというランクのサービスがあり
ランクによってはですね
振り込みやatmの出金
手数料の無料の回数制限があります
ソニー銀行で住宅ローンを組むと
必然的に1ランクですね
自動的にアップする仕組み
になりますので
1ヶ月で振込みは4回まで無料
atmの出金は
月7回までは無料という形になっています
またsonybankwalletという
デビット付きのキャッシュカードが発行できます
こちらもですね
クラブSのランクアップサービスによって
1%キャッシュバックが
付帯するという形になってます
ポイントではなくてですね
キャッシュバックっていう形が
ひとつ魅力なのかなと思います
また世界の11通貨に
対応しています
海外旅行の際には
とても活躍しそうなカードになります
海外に行った際にはデビットカードと
して使えますので
両替の手間とかが省けるというのは
ひとつ魅力なのかなと思います
次に資金移動のサービスです
これはですね他のネット銀行とかでも
よくあるサービス
スタンダードになりつつある形なんですけれども
自分の別の口座からですね
ソニー銀行へ資金を無料で
移動するというサービスになります
給与口座が別で毎月
住宅ローンの返済に伴う資金移動も
1回設定さえすれば自動で
無料で行なってくれる便利なサービスになります
またよくある変動金利のルールで
125%ルールだったりとか
5年ルールというものがありません
変動金利の上昇に伴って
リスクは伴うんですけれども
ここもコストカットを行う上での仕組み
と思われます
そして年収は400万円以上からという
最低基準があります
ここら辺は他の銀行と比べると少し
敷居が高いのかなという風に感じます
ペアローンは対応しているんですが
連帯債務は対応していません
夫婦で合わせてですね
住宅ローンを組みたいという形には
先に挙げた最低基準の年収が
400万円という形になりますので
少しここもハードルは高め
というのが挙げられます
勤続年数の基準はありません
例えば転職されたばかりでも
ローンの審査基準には該当します
1月ですね
給料が出れば
それを12ヶ月分でたとみなして計算して
住宅ローンの審査は可能です
見込み年収として
計算していただける形になりますので
すごいローンは組みやすいのかなと挙げられます
よくある一般的な銀行の基準は
1年もしくは3年
最低でも働かないと
審査の基準には乗りません
という形がありますので
そこを大きな違いかなと思います
そして諸費用ローンも対応してます
ただ注意が必要なのは上限が
300万円までです
リフォームなどを検討する場合ですね
リフォームを含めると
上限300万円って
超えてしまう可能性がありますので
そこはご注意いただければと思います
そして完済年齢が
85歳未満というのが挙げられます
徐々に日本の人口の平均寿命とかも
伸びていますので
退職する年齢とかも
伸びている形になりますので
いち早くですね
その完済の年齢とかも
85歳までという形で対応してる形になります
ミックスローンが対応可能となってます
変動金利と固定金利をミックスして
ローンを組むことが可能です
例えば3000万円のうち
1500万円は変動金利で組んで
残り1500万円を固定金利で
組むなんてこともできます

これらですね抜粋して
特徴を簡単になんですけれども
お伝えさせていただきました
これからですね
ソニー銀行の魅力に関しまして
ちょっと私の主観もあるんですけれども
特に大きな魅力を三つ
ご紹介させていただければと思います

まず一つ目の魅力なんですけれども
金利商品の選択について
挙げさせて頂いてます
少しややこしいんですが
様々な金利タイプの商品があります
主にはこの三つに分かれるんですけれども
変動セレクト住宅ローンという商品と
固定セレクト住宅ローンという商品と
住宅ローンという三つになります
主にこの特徴なんですけれども
当初ですね割引が大きくてですね
返済期間中金利の変更時に
割引率が変化するタイプと
一定の変わらない割引の
タイプに分かれます
変動だと最初大きくマイナス1.3%割引いて
固定金利に変えたタイミングで
マイナス0.9%という形になっています
固定セレクトだと
10年間と15年間と20年間という
最初に組む期間は決まってるんですけれども
最初の期間中は
マイナス1.3%
その後ですね
金利選択する時には
マイナス0.6%という形で変化する形になります
住宅ローンの場合は
通年ずっとマイナス1%割引ますよ
という形になっています
このように最初に大きく割引するタイプなのか
ずっと平均的に
割引するタイプなのかっていう
選択がまず一つ目に挙げられます
そして基準の金利を見ていければと思うんですが
11月12月
今11月なんですけれども
もう来月の金利も出ていまして
ソニー銀行の場合はですね
11月のもう中旬頃にですね
次の月の金利が発表されるというのも
一つ特徴になります
既にもう12月の基準金利も出ていまして
変動金利だと1.807%
固定金利だと各それぞれ2年3年
5年な7年と
それぞれ金利が設定されています
この金利から先ほどの割引率を引いた金利が
適用金利という形になります
さらにですね自己資金が10%以上なのか
10%未満かで
金利が変わってくるというのが
特徴として挙げられます
基準の金利がありまして
ここから先ほどの割引率を考慮すると
このような形になります
自己資金が10%以上の場合だと
変動金利だと今月だと0.457%で借りれます
(自己資金が)10%未満の場合だと
0.507%という形になります
住宅ローンの場合だと0.757%
自己資金がが10%未満の場合だと
0.807%という形になってます
そしてこの金利商品を選ぶ際にもう一つ
選択する際に注意があるんですけれども
手数料になります
ネット銀行ですね
住宅ローンを組む際に
手数料がかかるんですけれども
その手数料ですね
定率型なのか
定額型なのかで分かれます
融資金額に対して2.2%
かかる定率型と
もう一定の金額
4万円の消費税
4万4千円のタイプの定額型という形で分かれます
定額で組んだようですね
当初手数料を節約できるので
短期で住み替えをしたりとか
買い替える場合とかはですね
メリットがあるのかなと思います
こらへんの内容ですね
過去の別の動画で
解説したものがありますので
もしよろしければ
こちらの動画もご視聴いただければと思います
特にこの2年固定の金利なんかは定額で
手数料は安くて金利もとても低いので
個人的にはとても魅力を感じる商品になります
この様にですね
ちょっと複雑ではあるんですけれども
様々な組立ができるって言うのは
一つ大きな特徴を魅力なのかな
という風に思います

二つ目の魅力なんですけれども
団体信用生命保険について
ご紹介させていただきます
この団体信用生命保険の
特にお伝えしたい内容なんですが
無料付帯でですね
ガン団信が
無料で付帯されているという形になります
無料の部分はですね
50パーセントという風に決まってます
これはですね
ガンと診断されたら
住宅ローンの残債が保険で
50%分支払われるという仕組みになってます
ポイントはですね診断された時点で
保険の適用の条件となる
という形が挙げられます
他にもですね
がん団信と言われるものは結構様々
ついてたりするんですけれども
ガンと診断されただけでは
適用されずにですね
一定期間入院しないと
保険が適用されないというケースもあります
なのでガン団信を比較される際にはですね
保険適用のハードルの高さをポイントとして
検討していただければと思います
そして今回ご紹介したい魅力の大きな一つが
ガン団信100%という内容になります
金利がですね
プラス0.1%上乗せにはなるんですけれども
この上乗せすることによって
先ほど50%無料付帯でついてたものが
100%まで増えるというのが一つあげられます
更にすごいのは
給付金が付くんですけれども
がんと診断された時にですね
診断給付金として100万円つきます
更にですねガンの先進医療給付金も
1千万円までついてますし
上皮内癌と皮膚がんの給付金としても
50万円ついてる形になります
結構この上皮内癌と
皮膚がんの給付金に関しましては
他のがん団信
比べていただくと分かると思うんですが
免責事項になってるのが多いんですよね
なのでかなり手厚いガン団信の
保険内容になってるのかなと思います
この0.1%の上乗せの分は
毎月の支払ベースで換算すると
約1400円前後になります
ガン保険に関しましては保険なので
価値観によって入ってる方と
入っていない方で
分かれるとは思うんですけれども
もしがん保険に加入されてる方に関しましては
結構住宅ローンを組む事によって
このような手厚い
がんの保険に変わるようなものがついている
形になりますので
住宅購入と共に保険の見直しなんかも
重ねて検討できる範囲なのかなと思ってます

魅力の3つ目なんですけどけれども
つなぎ融資に対応してる
というところをあげさせて頂いてます
実はこのつなぎ融資なんですけれども
ネット銀行ではですね
結構対応してないところが多いです
今回ソニー銀行さんはつなぎ融資が対応してる
という形になっていますので
ご紹介しています
つなぎ融資とはですね
簡単にちょっとご説明しますと
土地を購入して
注文住宅で家を建てる方向けの商品になります
家を建てる際には
数回大きくお金を払うタイミングがあり
そこに対応できるかという内容なります
例えばこちらの例なんですけれども
土地の購入する際に一回
建物の着工時に一回
そして建物の上棟時に一回
さらに建物の完成時に一回という形で
これ一つのあくまで例なんですけど
このように4回ぐらいに分けて
払ったりするケースもあれば
例えば5回ぐらいに分けて
払ったりするケースなどもあったりします
基本的に
住宅ローンに関しましては
今回の例でいくと
土地と建物で合計4000万円
という形になるんですけれども
ローンのの金額に関しましては
4,000万円借りるんですけれども
このようにですね
分割して住宅ローンを融資してくれるかと言うと
実はしてくれなくてですね
最後に一括で融資しますよ
という形になるんですね
その間ですね
繋いでくれる融資が
つなぎ融資という形になります
最終的にソニー銀行さんから
4000万円をお借り入れして
その借りた分でですね
つなぎ融資分を返すという流れになります
ソニー銀行さん自体で繋いでる形ではなくて
提携先の商品で
対応可能という話になります
主にはこの二つになるんですけれども
日本モーゲージサービスというところと
アプラスさんていう形になります
内容見ていただくと
金利は2.675%で
期間は1年間ですね
事務手数料は
10万円に消費税
11万円というのが手数料となります
実行の回数に関しましては
3回と決まっている形になりますので
土地と建物を着工時と
建物の上棟時という形になりまして
最後の一回は
住宅ローン借りて
対応するという形になります
ここら辺がどうしても経費は
かかってしまうんですけれども
そもそも住宅ローンを
ネット銀行で検討してる場合ですね
注文住宅で建てようと思うと
なかなか使えない
というのが今までありましたので
ここは対応してるって言う事で
低金利なネット銀行を使えるというのは
ひとつ魅力なのかなという風に思います
これらメリット魅力ですね
お伝えさせていただいたんですけれども
デメリットは何かというところもあるんですが
デメリットに関しましては
少しやっぱり時間がかかるということを
挙げさせていただきます
審査からですね
融資の実行まで
通常の銀行と比べると
どうしても時間がかかる傾向にあります
なので余裕をもったスケジュール感じゃないと
どうしても使えないっていうのが
一つデメリットとなってしまいます
スピード感がある住宅の売買の手続き等だと
使えないという形になってしまいます

最後にですね
弊社の資金計画のサービスの
ご紹介ご案内になります
私たち明和地所では
お客様の資金計画のお手伝いを行っておりまして
住宅購入にかかる
ファイナンシャルプランニングの
サービスがあります
住宅購入に係りですね
住居費だったりとか
老後資金、教育資金の計算をしまして
住宅購入に無理のない返済計画を
立てています
今日ご紹介したネット銀行の
商品の比較だったりとか
その他住宅ローンのですね
商品のご紹介などもさせて頂いてます
ローンの組み方だったり
返し方によって大きく返済額
総支払額は変わってきます
資金計画の話を聞いてみたいよとかですね
興味を持っていただけた方は
概要欄に申し込み先貼ってありますので
是非そちらからお申し込みいただければと思います
いつも動画を見て頂いてる皆様
グッドボタン、コメントを頂く皆様
ありがとうございます!
またこの他にも
様々な動画を撮っていますので
是非そちらもご視聴いただければ幸いです
本日も最後までご視聴いただき
ありがとうございました

シェア

ライターについて

売買部 須山雄太

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容