営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

浦安・中古不動産の販売状況に変化

0

今年の1月以降に売り出して、6月15日までの間に決まった物件と、昨年の同じ時期を比較した表を作成したところ、大きな変化が見られました。

まず、平均の販売期間は2016年の40.3日よりも約10%減って、36.2日。全体的に早く売れていることがわかります。また、昨年は売出後7日以内に成約した物件は8件でしたが、今年は13件に増えました。売れる物件――たとえば市場価格よりも割安だったり、希少性のある物件など――は一瞬で売れていることがわかります。販売に90日以上かかる物件も、昨年の半分に減っています。昨年は売れていなかった価格帯の物件も、今年の同じ時期には売れるようになっていると言えます。

日経平均株価が上昇しているタイミングでは売り物件は減る傾向にあり、この傾向が続けば売れ行きが早く物件も出ない→価格の上昇が見込まれます。お手持ちの不動産の現在の価格を知りたい方は、ご相談くださいませ。査定にお伺いいたします。

シェア

ライターについて

情報部 南澤悦郎(宅建士)

2003年入社。毎日浦安の不動産の取引状況を記録・分析しています。プライベートでもマンション購入・売却をそれぞれ3回ずつ、土地の購入と注文住宅建築を1回、収益物件オーナーも経験しました。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容