営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

住宅購入するなら、自分にはどの位の価格帯が最適なのか?

0

自分がどのくらいの価格の住宅を購入できるのか?

無理して買って後で破綻するのも困りますし、抑え過ぎて未来の生活に不満がたまるのも困ります。せっかく苦労して稼いだお金ですから、ばかげた使い方だけは絶対にしたくないですね。人生設計をしっかりと考え、無理なくそして将来設計に沿った住宅を手に入れましょう。

まずはいくらまで借りられるか?

これはご主人のご年収+奥様の年収の合計額が基準となります。たとえば、ご主人のご年収が600万円、奥様が100万円、現在の家賃12万円だったとします。このご家族の場合、一般的に最大4600万円前後まで借り入れることが出来ます。

借入限度率の割合は利用する金融機関によって異なりますが、借入額は年収に応じて30~40%程度、金利は4%程度で試算するケースが多いようです。(このご家族では35%、金利4%で計算)

無理なくいくらなら借りられるか?

現在のお家賃が12万円との事ですので、3300万円の住宅ローンを借りているのと同じ額の支払いをなさっています。

つまり・・・

住宅ローン3300万円

であれば問題なく返済できる状態であることが分かります。

「いやいや、住宅ローンと家賃では意味が違いますよ!住宅ローンは35年にわたって払い続けなければならないんだから、一緒ではない。」そうお考えの方には、こう聞いたほうが分かりやすいかも知れません。

家賃を払わなくても住めるところはありますか?

もしあるのならば、今すぐそこに住んでお金を貯めましょう。そんなところは普通ありませんよね、無いから借りて住んでいるんですよね。家賃を払わなければ住むところがないのであれば、一生家賃を払い続けることになります。

つまり、現在の状態は3300万円の住宅ローンを借りているのとなんら状況は変わりません。

最適な借入額か?

頭金を300万円、住宅購入時の諸経費を6%の180万円かかるとして

「最大で4600万円」

今の家賃と同じ返済額とした

「無理ない範囲で3500万円」

の住宅が購入できるご家庭です。

しかしながら、こういったご家庭では「自分たちにはマイホームはまだ先の夢」と考えてしまうことが多いようです。十分手に入れる力をお持ちなことを、ご存じない方があまりにも多いので、これを機会にぜひ知っておいていただきたいと思っております。

賃貸と購入の実質の差

家賃の12万円は

100%消費

つまり貯蓄ゼロです。

それに比べ、住宅ローン返済12万円は簡単に言うと

50%消費

50%貯蓄

金利6万は家賃とおなじ消費ですが、元本返済の6万円は住宅貯蓄として貯まっていきます。

そしてこの年間72万円の貯蓄差が、

10年で720万円30年で2160万円・・・

現在の支払は同じですから、正直お財布の中身に差はありませんので、預金通帳の残高が貯まっていくような実感もありません。しかし、この目に見えない住宅貯蓄が積み重なっていき、老後の人生にびっくりするほど大きな差が出ます。

シェア

ライターについて

株式会社 明和地所

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容