営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

日本版ネウボラとは…!?少子化を高齢化が支える浦安市

0

浦安市は、若者が多い街としてよく知られている街です。

参考記事:http://www.meiwajisho.co.jp/blog2/2014-09-18/6194.html

 

 しかし、人口減少に伴い、子供の数が減っているのは、浦安市も例外ではありません。

■少子化問題

浦安市に限らず、子供の数は年々減少の一途をたどっています。

若者が多い、浦安市でも年々数は減り、ついに来年の3月廃校になる小学校があります。

スクリーンショット 2014-10-04 16.11.54

浦安市は子育て世代における核家族率は94%にも上り、誰にも相談出来ず不安を抱えている方も少なくないようです。

そのような子育て状況から、晩婚か相まって、もう一人産みたいと思えない社会になっていることが、

浦安市でも少子化の一因となっています。

 

■そこで活躍!!子育て経験者、団塊の世代が支える「ネウボラ』

さて、ネウボラと言う言葉、聞いた事はありますか?

ネウボラとは、フィンランド語で「アドバイスの場所」

フィンランドでは、妊娠・出産・育児まで切れ目のない支援をする機関があるそうです。

 

浦安市でもこの制度に習い、子育て中の方がいつでも相談出来るような制度

「子育てケアマネージャー」の育成を8年前から行っています。

そして、このケアマネージャーの多くは、子育て経験者である団塊の世代が担っていて、

団塊世代が比較的多く住む、中町エリア に集中しています。

(中町エリア:http://www.city.urayasu.chiba.jp/dd.aspx?menuid=3393)

 

 

 若者の街として知られる浦安市ですが、細かくみるとエリアによって人口構造が違い、

エリアごとに抱える問題もあります。

各世代に必要な支援を、各世代が協力し合って補って行く、そんなステキな街でした。

 

参考資料:http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=3422&page=1(日経DUAL 2014.10.1

シェア

ライターについて