営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

来年の住宅ローン減税〜中古と新築で異なる事、ご存知ですか?〜

0

おはようございます。

 

明和地所 浦安店の香川です。

 

秋晴れのスッキリした空を見て、清々しい気持ちになる季節です。

 

どこかにお出かけしたいな、という気持ちになりますね!

 

 

 

さて、今日の話題は「住宅ローン減税」

お客様より、ご質問頂きましたので、

こちらに記載致します。

 

 

TVでも良くニュースに取り上げられていたので、聞いた事があるかもしれませんが、

 

安倍さんは「消費税増税の暁に、住宅ローン減税の拡張」を提案しております。

 

今年の住宅ローン減税は、麻生さんが総理大臣の時に決まった政策の最終年。

 

最大控除額が、10年間で最大200万円です。

 

「来年からは、400万円に上がります! \( ̄▽ ̄;)/」

http://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeisei13/01.htm#03

 参考:財務省 H25年度税制改正

!!という事は、お家の価格が変わらなければ、

来年買った方が200万円もお得なんだ!!ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ

このような理解をされている方が多いと思います。

でも、実は違うのです。

えw( ̄△ ̄;)w

なぜならば、この住宅ローン減税については、以下の通りの注意点があるのです。

 

 

 

●住宅ローン減税の拡張は、消費税率引き上げに対する措置として取り上げています。

 以前の記事にも記載しましたが、中古不動産の場合は個人の方が売主である事が多く

 =消費税の課税対象ではありません。

 =住宅ローン拡張の恩恵対象外!!

(※稀に不動産屋さんが売主の時がありますが、その時は拡張の対象となります。)

 http://www.zentaku.or.jp/public/revision/houseing.html

(参考:宅建協会HP H25年度 税制改正 )

 

 

 

 

なんですね。

ローン控除は、拡張しない物件の場合、H29年まで現行の200万円として、

継続になるのです。

 

ご存知でしたか?

 

知っている、知らないでは、お家を決める時に違いが出てきますので、

 

是非知っておいてくださいね!

 

そして、人によって減税幅は違いますので、

「自分の場合は、どのくらい還付があるのかな?」

「どうしたらお得かな?」

 

すぐお出し出来ますので、お近くのスタッフまでお声掛けください!

 

以上、売買部の香川でした!

 

(※本内容は、現時点での予算案の内容となります。)

 

 

 

 

シェア

ライターについて

売買部 香川英信
お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容