営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

中古住宅と消費税の関係を知る その2

0

こんにちは。

 

明和地所 浦安店の香川です。

 

本日は、あいにくの天気ですが、

今年は台風が多い印象がありますね。(今日の天気も、その影響のようです)

 

ちなみに、過去において

一年間で台風が来た最大の個数は、39個だそうです。。

 

そんなに来たら、たまったものじゃないですね。; ̄ロ ̄)

 

 

さて、前回に引き続き、消費税がかかる諸費用とは、いかなるものか?

という題でやっていきたいと思います。

 

中古マンションを購入する時の諸経費としては、

ざっと以下の項目がかかります。

①仲介手数料

②所有権移転・抵当権設定登記費用

③固定資産税、管理修繕費の清算金

④銀行保証料

⑤銀行事務手数料

⑥印紙代

⑦火災・地震保険料

⑧リフォーム費用

⑨お引っ越し

 

では、その項目に消費税がかかるのでしょうか?

 

①仲介手数料  ➡➡➡ かかります。

②所有権移転・抵当権設定登記費用 ➡➡➡かかります。

③固定資産税、管理修繕費の清算金 ➡➡➡かかりません。

④銀行保証料  ➡➡➡かかります。

⑤銀行事務手数料 ➡➡➡かかります。

⑥印紙代  ➡➡➡かかりません。

⑦火災・地震保険料 ➡➡➡かかりません。

⑧リフォーム費用 ➡➡➡かかります。

⑨お引っ越し代 ➡➡➡かかります。

以上です!

ほとんどかかりますね。。

これでは、イメージできないかもしれませんので、

仮に3000万円の物件を300万円リフォームする場合、消費税が8%となると、

どのくらいかわるのか、見てみましょう!

消費税 8%  ➡  約15万円

これに、家電などを購入する際も消費税が関わってきます。

家族で、国内旅行一泊出来るくらいは、違いますね。

この金額を大きいと捉えるか、小さいと捉えるかは人それぞれですが、

消費税前に、不動産買って家族旅行!

というテーマも良いのかもしれませんね(>▽<)

以上消費税テーマについて、

明和地所 売買部の香川でした!

シェア

ライターについて

売買部 香川英信

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容