営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

中古住宅と消費税の関係を知る

0

こんにちは。

 

明和地所 売買コンサルティング部の香川です。

 

あ、10月1日から明和地所 浦安店になりました。

 

今度は、こちらからブログを更新していきたいと思います。

 

 

 

さて、安倍総理が1日、来年4月から消費税を8%に上げる方針を決定しました。

 

各家庭にかかる消費税の影響は、所得にもよりますが8000円/月、年間10万円前後だそうです。

 

日常生活の出費がこれなら、それでは住宅はもっと。。。

; ̄ロ ̄)!!

 

「ならば、消費税が上がる前にお家を買おう!」

 

そう思い立ち、ご来店される方も増えました。

 

 

でも、知ってほしい事実があるのです。

 

実は。。。

 

中古の不動産を購入するときに。。

 

消費税が、、

 

 

かかりません!!!Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 

 

そうなんです。

 

なんと、中古の不動産を購入するときは、原則消費税がかかりません!

 

なぜかというと、

 

中古の不動産の場合、大体個人の方が売主さんですね。

 

その売主さんは ➡ ➡ ➡ 消費税の課税対象となるような事業として

不動産を売却しているわけではありません。

 

そのため、チラシに「3000万円!」とあっても、

プラス消費税が●●円必要・・・って事はないんです。

 

意外と知られていない事実ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

 

ただ、中古住宅を購入する場合、

購入の諸経費が必要になります。

その中では、いくつか消費税が課税されている項目がありますので、

少なからず増税の影響はあります。

 建物価格ほど大きくないので、そこまで大きい影響というわけではないですが。

 

では、中古を買う時には、

どういう項目に消費税が課税されるのか?

そして、いくらくらい費用が変わるのか?

 

その2点を見ていきたいと思います!

お楽しみに☆

 

以上、明和地所 浦安店 売買コンサルティング部 香川でした!

 

シェア

ライターについて

売買部 香川英信

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容