営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

ハンコのはなし。

0

駅前支店の森田です。

家を借りるとき、必要なハンコの話をします。

 

・実印(じついん)

 

・銀行印(ぎんこういん)

 

・認印(みとめいん)

 

登場するハンコはこの3種類。

 

実印は、役所で印鑑登録をしたハンコの事を言います。

お部屋の契約では、主に保証人の方が押すハンコになります。

 

このハンコは持ち主の住所が特定されます。

 

印鑑証明書を取ると、そこには持ち主の住所が載っています。

銀行印は、銀行口座を作る際に登録するハンコです。

 

家賃の口座振替などがある場合に使います。

 

認印は、この上のどちらでもない、いわばただのハンコです。

 

サインと同じで意思表示にはこれで十分です。

 

契約の際、契約者本人は原則このハンコで結構です。

 

保証人住所を特定する実印に対して、対象物件に住んでいる契約者本人は、

 

住所を特定する必要が無いからです。

 

※契約形態・オーナー意向で必要な場合があるので

担当者に都度ご確認下さい。

 

最後にシャチハタが契約に使えない事について。

 

シャチハタはゴム等のやわらかい素材で出来ています。

 

いつも同じ印影のハンコに対して、やわらかいシャチハタは

 

(厳密にいえば)微妙に印影がゆがむ為、契約では使えません。

 

100円ショップのものでも結構ですので、硬い素材のハンコを

 

持ってきてくださいね。

駅前支店の森田でした。

シェア

ライターについて

賃貸部 森田大祐

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容