営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

なぜ、日本の住宅は断熱が足りないのか?

0

(前回のつづきです)

ヨーロッパの厳しい建築基準をクリアできるような家って
実は、日本の市場全体の・・・たった1%程なんだそうです。

そう聞くと、誰でも
出来れば厳しい基準を満たす、この1%の家で建てたいじゃないですか?

ただし、この家…めっちゃ高いんです。

例えば、40坪 / 2200?2500万円くらいで建てられるのが日本で一般的だとすると、
同じ広さの家をこっちで建てようとすると、大体いくらくらいすると思いますか?

正解は、4000万くらいします。いわゆる「坪単価」で言うと、100万円近いです。

どうでしょう。

こんなの買えますか? というか、買わないでしょ?

だから、ちゃんと(しっかり)やってるところって1%しかないんですよ。
だって、儲かりゃしないんですもん。

だから、その他の「99%」の住宅屋さんは、
『誰でも買いやすい価格』にするために、安価な方法で建てるんですよ。

ここで大きな問題があって、
それは…『断熱材』が満足に入っていないってことなんです。

『断熱材』って家全体に入るものだから、占める面積が大きいんです。
だから、性能の悪いものだったり、厚みを薄くしたりすると、
家一件の価格を大幅に落とすことができるんです。

あと…「窓」なんかも同じですね。

だけど、そうやってできた「断熱の弱い家」はどうなるか想像ができますよね?

前に述べたように「命に危険なほど」寒い家になります。

そして、知っておきたい重要なことは、
「家が寒い」ことが、家の寿命を短くしているってことなんです。

でもこう言うと、多くの方から、
「家が寒くて、人の寿命が短くなる」ことは、まぁなんとなく分かるんだけど、

「家の寿命が短くなる」ってのは、ピンとこない、
…というか、あまり良く分からないって言われます。

この理由、どんなものか想像できますか?

本題から少し外れてしまうんですが、
ここ、とても大事なところなので、お話ししておきますね。

次回に続く…。

 

シェア

ライターについて

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容