営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

入船地区 沈下修正現場 「土台上げ工法」

0

こんにちは、小野です。


今日はあまり天気が良くないですが、とても涼しくて快適な季節になったなあと感じています。


読書の秋

食欲の秋

運動の秋

仕事の秋!


と、なにをするにも適した季節の到来です!


あ、ちなみに私は秋生まれでして、

今月5日が誕生日です^^

プレゼント受付中です笑



さて、現在の傾き修正現場の状況ですが・・・、

9月18日のブログで紹介した「土台上げ工法」のお宅が水平になりました!!


昨日、訪問した際に写真を撮ってきましたので、是非興味のある皆様にご覧頂きたいです。


前回までの工程は、

・基礎コンクリート上部を削り

・削り出したスペースを利用し、土台直下にジャッキを据え付けます

・そして、床下を作業員が這いずり回りながらジャッキを操作し、家全体をゆっくり持ち上げます


ここまでが前回の工事でした。


下の写真は、家全体が水平になったあと、

持ち上げたときに生じた、“基礎と土台の隙間”をモルタル(水+セメント+砂)で埋めた様子です。


浦安をもちあげろ!~東日本大震災首都圏被害で表面化した「液状化現象」で傾いた家を沈下修正し、浦安・新浦安の価値を取り戻す~

↑元の基礎コンクリートと、あとから詰めたモルタルの繋ぎ目がよく分かると思います。


浦安をもちあげろ!~東日本大震災首都圏被害で表面化した「液状化現象」で傾いた家を沈下修正し、浦安・新浦安の価値を取り戻す~

↑通気口はジャッキを据え付けるために利用しやすい(コンクリートを削る部分が少なくて良い)ので、工事の際は金網を取り壊します。

上の写真は、水平になったあと新規で取り付けた通気口です。

浦安をもちあげろ!~東日本大震災首都圏被害で表面化した「液状化現象」で傾いた家を沈下修正し、浦安・新浦安の価値を取り戻す~

浦安をもちあげろ!~東日本大震災首都圏被害で表面化した「液状化現象」で傾いた家を沈下修正し、浦安・新浦安の価値を取り戻す~

↑玄関は土台よりも下に作られているため、外周と同じように隙間が生じます。

もちろん、ここもモルタルで埋めてあげます。

 

浦安をもちあげろ!~東日本大震災首都圏被害で表面化した「液状化現象」で傾いた家を沈下修正し、浦安・新浦安の価値を取り戻す~

浦安をもちあげろ!~東日本大震災首都圏被害で表面化した「液状化現象」で傾いた家を沈下修正し、浦安・新浦安の価値を取り戻す~

↑これは、浴室を囲う土台が私の肩の位置くらいにあった(他の場所は膝下くらいの位置にあります)ため、

外壁を切り取り、土台を露出させ工事を施しました。

ここの仕上げは、水周りなので、しっかりと防水シートを敷きこみ、隙間をモルタルで埋め、最後に壁を造作します。

浦安をもちあげろ!~東日本大震災首都圏被害で表面化した「液状化現象」で傾いた家を沈下修正し、浦安・新浦安の価値を取り戻す~
浦安をもちあげろ!~東日本大震災首都圏被害で表面化した「液状化現象」で傾いた家を沈下修正し、浦安・新浦安の価値を取り戻す~

浦安をもちあげろ!~東日本大震災首都圏被害で表面化した「液状化現象」で傾いた家を沈下修正し、浦安・新浦安の価値を取り戻す~
浦安をもちあげろ!~東日本大震災首都圏被害で表面化した「液状化現象」で傾いた家を沈下修正し、浦安・新浦安の価値を取り戻す~

 

↑施工前に壊したお風呂も、このように綺麗に仕上がりました!

元の窓をここまで活かすことが出来たのは、「神業」なんだそうです。



浦安をもちあげろ!~東日本大震災首都圏被害で表面化した「液状化現象」で傾いた家を沈下修正し、浦安・新浦安の価値を取り戻す~


浦安をもちあげろ!~東日本大震災首都圏被害で表面化した「液状化現象」で傾いた家を沈下修正し、浦安・新浦安の価値を取り戻す~

↑玄関屋根を支える柱は、ジャッキアップするために独立基礎を解体してしまいます。

それを、水平にした後に新規で造設しました。



以上が水平工事が完了するまでの工程です。


このあと、繋ぎ目が丸見えで格好が悪くなってしまった基礎の表面を、

左官屋さんにお願いして、セメントで化粧をしてあげます。


そうすると、見た目では工事したことが全く分からないようになります。


これで土台上げ工法の完成です!



では、また報告いたします。

 

シェア

ライターについて

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容