営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

【あなたもできる】プロが浦安のマンションを売却するために行っている2つのこと

0

浦安でマンションを購入して住んでいる場合、マンションも街も気に入って住まわれている方が大半だと思いますが、それでもやはり売却せざるを得ない事情(転勤や離婚など…)が出てきてしまったり、あるいは新築のマンションに住み替えたい、ということになり売却を検討しはじめる方も大勢います。浦安市内は常時150件前後の中古マンションが売りに出ています。

しかし、マンションの売却は初めてとなる方が大多数です。どのように売却を進めるかは仲介業者に言われるがまま、となってしまいがちです。そこでタイトルにありますように「【あなたもできる】プロが浦安のマンションを売却するために行っていること」をお教えしたいと思います。

(もちろん、明和地所に全てお任せいただければ下記以外のノウハウも駆使し、ご満足いただける売却を実現いたします。ぜひご相談ください。)

無料で売却相談をする

 

プロが売主の浦安のマンションは全てリフォーム(リノベーション)済み(2017年3月19日現在)

不動産業者が中古マンションを売るときは、使用感があるような「中古」っぽさをなるべく排除するような、リフォーム・リノベーションを施したお部屋になります。もちろん、リフォームやリノベーションの費用は先行投資となるため、想定の価格で売れなかった際には赤字が増大するリスクが高まります。リスクが高まるのになぜ9割以上がリフォーム・リノベーション済みのマンションになるのか、という理由がこちらです。

「中古住宅を検討したにもかかわらず買わなかった理由」のアンケートデータ

中古住宅を検討したにもかかわらず買わなかった理由
出典:リクルート住まい総研 消費者調査 P88(PDFファイル)

このように、見た目がきれいではないというだけで、半数以上の購入検討のお客様を失うことになります。せっかく立地がよく住みやすい浦安のマンションが、見た目の問題だけで購入してもらえない…これはとてももったいないと思いませんか?プロはこれのためにリスクを負って投資し、販売します。2017年3月19日現在、浦安市内で流通している業者売主のマンションは11件ありますが、全てがリフォーム・リノベーション済みのお部屋です。

プロが行っているマンションの販売手法だから素人にはできない?→できます。しかも可能な限りリスクを下げます。

上記にも書きました通り、売れる前にリフォーム・リノベーション費用が掛かりますので、金銭的リスクが高まります。70平方メートルのマンションを全てリフォーム・リノベーションする場合は、住宅設備や部材のグレードにもよりますが少なくとも500万円程度は必要になります。「早く高く売れる可能性が高まるので500万円投資しよう」という決断は簡単に出来るものではありません。しかし、この記事のタイトルは「あなたにもできる」です。明和地所では、一般の方にもこの手法を利用してマンションの売却に成功していただきたい・しかも可能なかぎりリスクは下げたい・ということでこのようなキャンペーンを行っています。

【期間限定】 自宅を可能な限り高く確実に売りたい方のためのキャンペーン実施中!

創業39年の売却のノウハウ(新耐震基準適合証明書の取得、税法上の特例の活用や付加価値の高まるリフォーム、他)にて、購入者に対する付加価値を提案することにより、資産価値を高め、相場の上限での成約を実現いたします。 ❶ 万が一3ヶ月以内に売れない場合は弊社で「相場+リフォーム代に100 万円を上乗せ」して買い取ります。 ❷ 売却成立までリフォーム代の支払いを猶予します。 …

  • 相場+100万円の売却保証(一定期間売れなかった時に明和地所が買い取ります)
  • リフォーム代は売れた時払い(事前に現金を投資する必要はありません)
  • 中古物件に付き物の瑕疵担保責任や設備保証にかかるコストを明和地所が負担

せっかく良い立地である浦安のマンションの売却、なるべく高く・確実に売却したいですよね。そんな方はぜひこのキャンペーンをご利用ください。

「オープンハウス」をご存知ですか?プロのマンション売却の手法です。

毎週末、浦安でも各地で行われているのが「オープンハウス(オープンルーム・販売内覧会などとも呼ばれます)」です。
マンションの売却物件は3つの種類に分かれます。「空室」「居住中」「賃貸中」です。そして売却の成約までのスピードもこの順です。居住中の物件は空室より売れにくい、ということになります。空室だとなぜ早く売れるのか、というと、制限無くお部屋の中を見ることにより、購入希望の方の納得度が高まり、契約を決断するタイミングも早くなるからです。

居住中のお部屋では「制限無く見る」ということがしにくいですが、居住中でもオープンハウスを行うことにより仮想の「空室」状態のようになります。購入希望の方にじっくりと見てもらうことができるようになるからです。

オープンハウスは週末の日中に行いますので、その間だけ外出していただき、物件の担当者がお部屋で待機。購入希望の方を迎えます。もちろん、ただ住んでいるところを見せるだけではなく、ちょっとした工夫も必要になってきます。明和地所は浦安でオープンハウスを始めた元祖的存在です。

明和地所オープンハウス一例

過度な演出は必要ありませんのでご安心ください。さまざまな「成功するオープンハウス」のノウハウを持っていますので、お気軽にご相談ください。

無料で売却相談をする

 

ご来店での売却の相談も随時承っております。事前にご予約いただければ資料をご用意いたしますので、お待ちいただく時間も少なくなるかと思います。お気軽にご予約ください。営業時間は9時30分~18時30分、水曜定休です。

明和地所 新浦安本店

明和地所 浦安店

シェア

ライターについて

情報部 南澤悦郎(宅建士)

2003年入社。毎日浦安の不動産の取引状況を記録・分析しています。プライベートでもマンション購入・売却をそれぞれ3回ずつ、土地の購入と注文住宅建築を1回、収益物件オーナーも経験しました。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容