営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

浦安市は人口が減る前にどうすれば良いか?

0

増田寬也編著「地方消滅」中公新書を読み多くを考えさせられました。
「20歳~39歳の出産可能年齢の若い女性が少なくなる896の市町村が消滅する!」との衝撃的なレポートと「その消滅の前に何をすべきか」を書いた本です。

私は「浦安市は仕事があり人口が増え続ける首都圏にあるので人口減はない」と考えていましたが、10年に総人口164,877人・若い女性27,984人が、40年には総人口156,779人・若い女性21,770人に減ると試算されていました。何故なのか?

それは地方の人口が急激に減ることで、首都圏に流入してくる若い人が少なくなるからだ、とされています。

確かに、30年までは首都圏の人口は増え続けるが、それは地方から若い人が仕事を求めて移転してくるからですが、その地方が消滅して若い人が減ればいずれ東京首都圏に流入する若い人が少なくなる、と言うことでしょう。

ではどうすれば良いか?
「浦安で生まれ、浦安で育ち、浦安が好きな若い人が浦安で働き、浦安に住めるようにしなければならない」
「その為には、都市計画を見直して、浦安で仕事ができる商業地やアパート用地を増やし、親と二世帯住宅が建てられるように建坪率・容積率を見直すべきである」
「今のままでは、若い人が働く場が少なく・親の家に住めない街になっているから」
と考えます。

今後、市当局に働きかけて、若い人が働き住める街造りに変える努力が必要である、と考えて更に具体的な提案ができるように考えることにしました。皆さんからも良い考えあったら教えて下さい。真剣に検討すべき問題だと思います。

シェア

ライターについて

取締役会長 今泉浩一

毎月第3土曜日と日曜日、新浦安で不動産や相続などの勉強会を開いております。お気軽にご参加ください。 取締役会長のご挨拶