営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

使いやすいキッチンってどんなカタチ? アイランド? ペニンシュラ? セミオープン? セパレート?

0

「アイランドキッチンにしたいんです」こんな声をよく耳にします。

アイランドキッチンとは、アイランド(島)のようにポカンと浮かんでいるイメージ、つまり、下の写真のように壁に接する部分がなく部屋の真ん中ににある対面キッチンの事です。

アイランドキッチン例

イメージしているキッチンは実は「アイランドキッチン」ではない??

画像 1497

上の写真も一見アイランドキッチン風ですが、排水管の関係があるため、マンションのリフォームではなかなか実現しないキッチンです。
皆さんがアイランドだと思っているのは、実はペニンシュラ(半島)キッチンだったという事が多いです。
ペニンシュラキッチンは左右どちらかが壁に接しているので、換気扇の種類も豊富です。
代表的なオープンキッチンといえます。

Unicode

ペニンシュラキッチンは、通常フラット対面キッチンともいいます。
ワークトップの奥行きが80cm~1mが一般的です。

ペニンシュラキッチンのメリット

開放感があり空間が広く感じる事や両側から作業ができるので、ホームパーティーや親子でクッキングをするご家庭に向いています。

031

ペニンシュラキッチンのデメリット

デメリットとしては、作業する手元が丸見えなので、常にキレイにしておかなければならない事です。

ペニンシュラキッチンの施行例

DSC_0037-1

上の写真のようにグースネックの水栓を付けるとよりお洒落になりますね。(写真はサンコーポ浦安)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな仲良し家族にはピッタリですね。(写真は夢海の街小山様ファミリー)

セミオープンキッチン(造作対面キッチン)

次に、セミオープンキッチンといえる造作対面キッチンをご紹介します。
これは、壁を造作してそこに奥行き65cmの一般的なキッチンを設置します。

IMG_5190

前面の壁を造作するので、カウンターの高さや奥行きはお好みでオーダーできます。
この時、前面にコンセントを新設すると、ハンドミキサーやフードプロセッサーを使う時に便利ですよ。(写真は入船東エステート)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

来客時に作業する手元が見えないので、人気があります。(写真はシャルム浦安)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(写真は入船北エステート)

また、対面にする時の間口が足りない場合、L型にする事もあります。

051

(写真は見明川団地)
壁を造る事によって、様々なバリエーションが楽しめますね。

IMG_1682

 

画像 089

 

また、対面にできない場合もちょっとした工夫で使い勝手がよくなる事があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例えば、こんな風にキッチンのサイドにカウンターを造作すると、リビング側からキッチンが見えない上に配膳台として使えます。(写真は入船西エステート)

014

また、腰高窓の下に収納が付いていて出窓のようになっていた部分を撤去して、キッチンとお揃いの引き出しタイプの収納を付ける事により、便利な家電収納となりました。(写真は入船中央エステート)

セパレートキッチンの施工中の様子

そして、今回施工中の富岡エステートのセパレートキッチンです。

006

間口が足りない場合、L型にすることが多いのですが、L型だとコーナー部分がデッドスペースになる場合が多いので、セパレートにしました。
完成後の様子はこちらをご覧下さい。

レンガの家 富岡エステート(株式会社アールデザイン)

>>元の記事をアールデザインのサイトで読む

 

シェア

ライターについて

株式会社 明和地所

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容