営業時間:9:30 ~ 18:30 水曜定休 0120-948-614

【賃貸】かなり役立つ火災保険!

0

私が賃貸の営業マンとしてお客様にお話する、お役立ちトークのひとつに保険のお話があります。賃貸でお部屋を借りたときに加入する、火災(家財)保険のお話です。

火災保険と聞くと何のための保険をイメージするでしょうか。 そう、万が一の火災ためです。

賃貸でお部屋の契約をする際に、ほとんど加入する火災保険ですが、あまり使うことがないので、どんな保証で守られているか案外知らない事が多いのです。もちろん前述した「火災」のときには保険がおりますが、実はこんなときにも保険適用がされる場合があるのです。

<ケース①>
自宅のアパート・マンションに停めておいた自転車が盗まれてしまった!

<ケース②>
自転車でぶつかって相手に怪我をさせてしまった!

<ケース③>
お店で商品のコップを割ってしまった!

そもそもなぜ賃貸でお部屋を借りた時に火災保険に加入するかと言うと大きく3つのポイントがあります。
(1)お部屋を借りる立場としてなにか大家さんに対して賠償責任を負う事になったときのため
(2)お持ちの家財(家具、家電、自転車など)に対しての保険
(3)日々の生活の中で他の部屋の人・ものに対して賠償責任を負う事になったときのため
それぞれが単独での保険が無いため、主契約を火災保険として複合的に加入しているケースがほとんどです。

(1)借家人賠償責任のため
簡単に言うと、お部屋を借りる立場として、大家さんに対しての賠償責任を負う事になったときのためです。
例えば自身の失火により家事を起こしてしまい、大家さんに対して室内のリフォーム費用を負担しなければならない時などです。

(2)家財のため
お持ちの家財(家具、家電、自転車など)に対しての保険です。
家財に対しての保険ですので、室内に限らず建物に停めておいた自転車も対象となる場合があります。

(3)個人賠償責任のため
日々の生活の中で誰か(他人)に対して、怪我を負わせてしまったり、モノをこわしてしまった際に負う責任の事です。
お部屋を借りている場合ですと、下のお部屋への漏水事故のときの為にご加入いただいております。
ですが、これはケース②、③の時などに適用される場合があるので、実は結構守られているのです。
お部屋以外の場所でも守られています。

「こんな時に保険が守ってくれる!」という事を知らないと、いざという時にうまく使えないという状況になってしまいます。
知っておくと大きな助けになるかもしれない「賃貸の火災(家財)保険」
賃貸物件に住んでいる方は、保険の内容を一度確認してみるとよろしいかと思います。

もちろん具体的な保険適用の有無については各保険会社への確認が必要となります。
ケースによっては保険適用ができない時もありますが、まずは保険で守られるかも知れないという事を知っておくことがポイントだと私は思っています。

シェア

ライターについて

賃貸部 佐々木淳

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容